「つやつやして、甘味がある。

味付けをしないで、ストレートに食しています。

すし飯に向いていると思う」

こちらは「農薬を使わないこしひかり」を召し上がられている方です。

ご年齢は60代の女性です。

味付けをしないで、そのままのご飯の味を楽しんでいられる、ということで、本当にありがたいことです。

「そのままで楽しめるご飯」最高の誉め言葉です。

ごちそうさまでした。

心がいっぱいになります。

①つやつや

②甘みがある

私たちの「農薬を使わないこしひかり」を食べて頂いているお客様からよく頂くお声です。

私自身もよく感じます。

あと、口元に近づけた時の「香り」も私個人の意見ですが、ものすごく好きです。

口元に運んだ時、鼻に入ってくる「香り」、とても食欲をそそります。

「香り」で美味しく感じるご飯、今までの食事でそう感じたことはありますか?

まぁ、どんな香り?と聞かれても、答えにくいのですが、あえて言うのであれば、何かをかけるのはもったいない、そのまま食べてお米を味わいたい、と思わせてくれる「香り」です。

あ~、口の中の唾液線が緩んできました。

また、「寿司めしに向いている」とも勧めてくださいます。

酢のほのかな酸っぱさと、お米自体のやんわりとした甘みが、何とも言えない風味を出してくれるのかもしれません。

ちなみに、江戸前ずしに使われている赤しゃりこと、赤酢を使うシャリの場合は、「農薬を使わないこしひかり」では、お米自体に甘みがあるので、あまり味が入らないかもしれません。

その場合は、もう少しお米自体に甘みのないお米を利用したほうが、赤酢などの味が入り、お魚との最高の相性を楽しめると思います。

私自身、寿司屋の大将にそのように教えてもらい、そんなこともあるのかと、とても勉強になりました。

用途によってお米を使い分けるのも、こだわり甲斐のある、お米の面白いところです。

お客様、色々とお試しくださり、ありがとうございます。

 

お客様からのアンケートの結果を掲載しております。

もっと知りたい方はコチラから

https://vanva.co.jp/hpgen/HPB/entries/29.html