「些細なことでイライラして、言い返す言葉がのどまで来てませんか?」

どうしてこんなことを聞くのか?気になりませんか。

なぜならば、なぜならば、

そんなふうに我慢というか自分を抑える場面がよくありませんか?

自分は事無く一日を過ごしたいのに、なぜかつっかかられたり・・・。

「なんでそんな言い方するの?」

こう落ち込むことが、時には、ふつふつと怒りの言葉がこみ上げてきて。

でも言葉にしてしまったら更に険悪になってしまう。

よりこれからが面倒になる。

それならここは自分が我慢すべき・・・。

でも悔しい!なんか負けているようで。

う~、う~、と悶々する日々を送っていませんか?

いやいやいや、狭い道で人とバッティングしたら、道を譲る行為の方が素晴らしい、とわかってはいるし、子供や後輩にも話したことがあるんだけど・・・。

でも悔しいっ!なんとか言い返したい!

こんな葛藤の日々を、人によってはそんな瞬間を一日に何度もしていませんか?

そんなことで悩む時間こそ無駄、それこそ相手のペースに乗せられている証拠、本当に負けている証。

そのエネルギーをプラスの方に、自分の未来のために使わないと!

自分が幸せになることこそ、一番の仕返し!だと重々わかってはいても、帰りの車の中、バスの中、電車の中、最愛の伴侶や家族とご飯を食べているときでさえ、その日中のことが忘れられない、悶々もんもん、モンモンしてしまう。

そんな日暮らしの中、どうやってそのイライラというかストレスを落ち着かせていますか。

その気持ち、どう癒してあげていますか。

何にしても今日一日頑張ってくれた自分自身にどうご褒美をあげますか。

今読んで頂いている皆様はどうでしょう?

帰りに、ちょっと値段はするけれどおいしいスイーツでも食べるのもいいかもしれません。

洋服や財布、腕時計など小物を買うのもいいかもしれません。

食べ放題でドカ食いもいいかもしれません。

お酒のがぶ飲みで、アルコールの力に頼るのも手段の一つかもしれません。

DVDを借りて、ずーっと連続で見るというのもあります。

でも今の方法だと、どうしても出費がかさんだり、体が余計に疲れたり、時間がかかったりします。

どうでしょう?経験はありませんか?

イライラ、モンモンとさせられて、逆に自分が疲れたり、後で辛くなってしまっては、元も子もありません。後味よくありませんよね。

そこで、最近注目されているものの一つに「GABA(ギャバ)」というものがあります。

この「GABA(ギャバ)」には、どんな働きがあるかと言いますと、イライラ、悶々など、興奮している脳を、なんと落ち着かせてくれる働きがあると言われています。

「GABA(ギャバ)」なんですが、もとから私たちの脳などの中枢神経にあったもののようです。

あったというよりもあるものなのですが、あまりにもストレスが多いので「GABA(ギャバ)」不足になっているようです。

そこで不足しているなら、外から補いましょう!ということになっています。

とは言いましても、わかった、わかった、結局何を食べたらいいの?ということになると思います。

そこで、せっかくなのでギャバが多く含まれる食べ物を紹介したいと思います。

トマト、カボチャ、ニンジン、キャベツ、ナスなどがあります。

えっこういうものにも含まれてるの?と思われる方もあったと思います。

そう思われるもの当然で、「GABA(ギャバ)」といえば、まず思い浮かぶのはチョコレートでしょう。

皆様はどうでしょう?

ただチョコレートは、確かに美味しいのですが、糖質の多いものもあります。

太っちゃうかが心配になりますよね。

ですからチョコを選ぶなら、カカオ75%以上がいいと聞いたことがあります(間違えていたらすみません)。

ただ75%以上だと、好みにもよりますが、苦くて甘みもなくて食べづらい方もいらっしゃいます。

それに間食を嫌う方もいらっしゃいます。

じゃあ、そんな方はどうしたらいいんでしょうか。

「GABA(ギャバ)」といって、チョコのほかに知られているのが玄米です。

玄米とは、通常皆様が知られているご飯(白米)の精米する前の姿のものです。

今読んで頂いてる皆様は、「玄米」って知っていますか。

今回は詳しい説明は省かせて頂きますが、この玄米を炊いて、ご飯として食べるのです。

炊飯ジャーに「玄米炊き」があるものもあれば、2回連続で炊く方もいらっしゃいます。

ただ、人によっては、よく噛まないとおなかが痛くなる方もいます。

その一人が私です。しっかりかもうと思っていてもちょっと急いでしまうと、後でチクチクとおなかが痛くなりトイレにゴーです。

ですから、そういう方は、「発芽玄米」というものを一度試して欲しいです。

いろいろと作り方はありますが、今回は私の作り方を紹介させて頂きます。

まず、「玄米」の選び方ですが、できれば、農薬の使用が少ない「特別栽培米」、もっと望むのなら「農薬を使っていないもの」、「自然栽培米」がいいと思います。

次にそれを、とぎます。

簡単な方法は、私は今、麺類の水切りみたいなざる状のものに玄米を入れて、水につけてバシャバシャしてといでいます。

それを短くても24時間くらいタッパに入れて水につけています。冷蔵庫に入れます。

長くても3日間くらい水に浸すかな。数日水につける場合は、毎晩水を交換します。水を代えないと匂いが出てくる場合があります。

それを後は、普通に炊くだけです。

これなら私の場合、おなかは痛くなりません。

また、その方によるかもしれませんが、発芽玄米や玄米だと、知らずによく噛んでしまう、ということを聞いたこともあります。

日頃あまりかまずに食べる癖のある方は一度、発芽玄米をそういった意味でも試してみてはいかがでしょうか。

そして、なんと、「発芽玄米」にすると、食べやすくなるだけでなく、「GABA(ギャバ)」が増加するのです。

白米から比べると、なんと「10倍」です。(データによって少し異なりますが)

ちょっとの工夫で「10倍」です!

お得です!

ご飯を発芽玄米にするだけで、余分なものを買う出費もなく、必ず食べる食事で「GABA(ギャバ)」が補えるので、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

口に入れるものですので好みはあると思いますので、どうしても苦手であれば、無理して発芽玄米にこだわる必要もないとも思います。

せっかくの食事、楽しく過ごしたいですから。

今回のタイトル、

「些細なことでイライラして、言い返す言葉がのどまで来てませんか?」

そんなときどう対処してますか?

でしたが、このストレス社会に少しでもお役に立てればなぁ、と思います。