「38度を超える急激な発熱」、「寒気」、「おう吐」といえば何でしょう?

みなさんおわかりですね。年末から、全国的に警報や注意報が出ている、「インフルエンザ」の初期症状です。

 

我が家でも、「ワクチンの接種」、「うがい・手洗い」などの予防策をとったにもかかわらず、娘2人が「インフルエンザA型」にかかりました。ワクチンのおかげか、発症した翌日には解熱し元気になり、不謹慎にも出席可能になるまで休暇を楽しんでいました。

↓はうがい薬入りのお水です。最初は、娘たちは嫌がりましたが、2,3日たつと平気になりました。色が鮮やかで、大人でも一瞬躊躇してしまいます。

 

例年だと次は、「インフルエンザB型」が流行します。ワンシーズンに2回インフルエンザになるのはごめんなので、予防に努めたいと考えています。上記の「うがい・手洗い」は今まで通りに、そのほかに、食事などで免疫力を高めます。

そこで、手始めに、おやつ時に「甘酒ココア」、「すりおろしりんご甘酒(HotもIceもおいしい)」、ご飯時には味噌汁というように発酵食品を使うように意識します。

 

我が家では、発熱時には、定番ですが「すりおろしりんご」が人気です。今回は、試しにホットミルクに甘酒とすりおろしりんごを入れてスムージーにしてみたところ、好評でした。

みなさんも、ぜひ試してみてください。