地主へのコシヒカリ飯米の配達  あ~、重たい。 肩にかずいた方が楽だ!

コシヒカリの検査も進んできたので、地主の皆さんで、コシヒカリを飯米としている方々に配達しました。

うちでは、地代(年貢)は物納では無く、お金で納めます。そのため地主の方々の希望品種、数量を秋に一括して配達しまいます。必要におうじての配達も行っております。

地主の方々が、ご先祖様よりお預かりした大事な農地を貸していただいているお陰で、ばんばでは、お米を作ることができます。

今年は、秋雨の影響で稲刈りも進まず、一部、検査が終わったのと連休前だったのでお届けしました。

農家では、新米を親戚に配る風習があります。

番場家では、全てが終わってから、親戚にお届けします。(会社から買いますよ)
まだ、収穫は、半分以上残っていますが、今の所、特別な被害も無く、雨で遅れているだけなので、今後の天候の回復を待って、頑張って行こうと思っています。