いよいよこの時期がやってきました!

種まきです。

米作りの要と言っても言い過ぎでないくらい大切な作業です。

種の準備です。

この種の準備の段階で失敗すると、一年を棒に振ります。

米農家は生活ができなくなります。

少しピリピリと緊張します。

ピリピリしても何も変わらない、やることをするだけなのですが、やはり気が張ります。

もしお米農家の方がいらっしゃたら、そちらも同じ状態でしょうか?

 

もみ種が病気にならないように、まず消毒をします。

昔は、農薬を使って消毒をしていましたが、今は温かいお湯で消毒をしています。

まず、ここから農薬を使いません!

今、ばんばのお米はすべて、温湯種子消毒です。ここは共通しています。

一部、加工米用にもち米を作っていますが、もち米もすべて温湯種子消毒です。

農薬消毒と比較すると、手間がかかりますが、安心です!

私たち作り手の体にとっても環境にとっても、もちろんお客様のお体にとってもです。

食べるならやはり農薬を極力抑えたものです!または、使っていないものです。

その写真です。

手前の赤や青のネットに入っているのはもみ種で、5キログラムずつ入っています。

品種によってお米の色を分けてあります。

湯気が出ているのがわかりますでしょうか?

でも熱湯ではありません。

私たちでもやけどするように、種もダメになってしまいます。

温度は60度です!

温かくしたただの水です。

ちなみに塩素の入っている水道水ではなく、地下水にこだわっています!

ポンプで汲み上げています!

それを時間を図りつけます。

全体に同じ温度がいきわたる様にもみほぐします。

結構これが大変!

そしてタイマーがなったらすぐに湯からあげ、水で熱を抜きます。

ここがポイント!

素早い動きが求められます!

この時も全体の熱が取れるように水の中でもみほぐします。

念入りにです。

そして熱をしっかりと取ってから下の写真のように水につけます。

農薬を使わないお米

この作業で失敗すると、種をすべてダメにしてしまいますので、緊張緊張の作業です

この作業は、農協に依頼してしてもらうことも可能ですが、「ばんば」では少しでも安価でお客様にお米を提供するために、自分たちでやっています。

手間はかかりますが、ばんばでは、ここからお米に関わっていきます。

それがこだわりの一つです。

そして、自分たちでやるからこそ、もみ種の一袋一袋に対して、

「美味しくなあれ、美味しくなあれ!」

「お客様に喜んでいただけるお米に育ってね♪」

「食べた方が健康で幸せに恵まれますように!」

という思いを乗せることができます。

ブツブツと口にでることもありますが、一人で何かしゃっべってる危ない人ではないので、ご安心を!