スピードカルチによる耕耘スピードカルチによる耕耘スピードカルチによる反転 遠くに白山がくっきりと

圃場も乾いていたので、無農薬コシヒカリの栽培圃場に、スピードカルチをかけ、土を反転させました。
この後、数日後に耕起を行います。水田と言えども、水を張り、代掻きするまでは、土を乾かした方が、土壌中の微生物が繁殖し、有機物の分解が進むような気がします。そのため、うちでは、数年前から、この作業を行っています。

 機械化が進んだ今日だからこそ、できる作業ではないかと思います。