今の季節は、食べ物が傷みやすいですよね。気温が30℃〜40℃で湿度が高い状態だと、食材に雑菌が繁殖しやすくなって、腐ってしまうそうです。梅雨時から夏の終わりまでは、この条件があてはまるため、注意が必要です。特にお弁当が心配ですよね。

そこで、ごはんを炊く時に、殺菌効果のある食材(梅干し、酢、しょうが)をいれて炊くと、ごはんが傷みにくくなると聞いたので試してみました。

炊きあがりのごはんが、梅干し、酢、しょうがのにおいで食べにくくなるかなぁ?と心配でしたが、思ったほどは気になりませんでした。ちなみに私は、お米3合あたり梅干しなら1個、酢は小さじ1杯程度、しょうがは2スライス程度で試しました。特におにぎりの場合は、一緒に炊いた梅干しをそのままごはんに混ぜ込むと家族に好評でした。

また、以前紹介したお米をといだ後に氷を1~2粒程入れ、浸水時の水温を下げることもお忘れなく!!ワンアクションで夏も毎日おいしくお米を食べて健康に過ごしていきましょう!