来年に向けて、現場は動き始めています。
 頭の中はとっくに来年にむけ、構想が練られています。今年の反省を活かし、来年こそはと意気込んでいます。
 


22.10.13-1.JPG 春作業の最初に行われる育苗、ここにも新しい試みを考えています。 
 そんな中、綺麗に片づけられたライスセンターに、来年の育苗床土が10トン車3台搬入されました。

 昨年は、刈り取りの終わるのが遅くなったため、育苗床土の搬入も遅れ、乾いた土がなく湿った土でした。今年は、早かったため乾いた土でした。それでも、土を薄く広げ、ライスセンター内で乾燥させています。
 この写真は、搬入直後の様子です。

☆ むっちゃんは、時々ツイッターでつぶやいています。