4月

ひゃくまん穀の種まき もうちょっと多く播きたいなぁ。 ひゃくまん穀の田植用の種まき

今年から、V溝乾田直播だけでなく、ひゃくまん穀の田植え、機械移植も始めます。

先日、播種しました。種が他の品種に比べて大きいので、播種機の設定を大粒用に替えて播きました。

ひゃくまん穀の白い芽がでてきました。

3日後には、白く太い芽が出て来ました。
早く緑色になってくれないかな(^O^)

5月

大きく育ったひゃくまん穀の苗 田植機にひゃくまん穀用の肥料を入れてます ひゃくまん穀の苗を田植機に入れています

4月に播いたひゃくまん穀の苗も大きく育ち田植の日を迎えました。

どんよりとした曇り空で、時には雨が降りましたが、気温も高く風が無かったので、田植日よりでした。

ひゃくまん穀の田植専用肥料、箱施用剤、田植同時除草剤を入れて行いました。

ひゃくまん穀の苗を真っ直ぐに植えています ひゃくまん穀の苗が、植えられて行きます

昨年までは、ブルによるV溝乾田直播だけでしたが、今年からは、さらに,田植による栽培も始めました。

面積は昨年の約3倍になりました\(^_^)/

今年(29年産)は、予想を上回る販売量でもう販売中止となっております。

そのため県民の皆さんには大変ご迷惑をお掛けしております。

弊社としましても、できるだけお届け出来るように栽培面積も拡大し、30年産の販売を年間を通じてできるようにしたく、面積を増やしました。

ただ、残念なことに、弊社での単独販売は県内での安定販売ができるまで、できません。それでも増産します。
JAグループあってのものです。

早く安定生産を確立し、品質の統一化ができるよう努力して行きます。
今年もおいしいひゃくまん穀が、たくさん穫れますように・・・。