「『どこでも誰とでも働ける』力をつけて欲しい。その応援をしてほしい」by林修先生講演会㏌石川県白山市⑱

今まで林修先生の講演会の記録をまとめてきて(私の記憶によるんですが)、あっという間に18回になってしまいました!

今回でいったん終わりたいと思いますが、本当にたくさんの感動を可能性を教えて頂きました。

その内容を少しでもご紹介できたらと思い続けてきました。

質疑応答では、「新年号についてどうお考えですか?」という質問もありました。

今回の最後の記事は、質疑応答中にあった内容を綴りたいと思います。

林修先生の現代におけるすべての人に対しての想いが込められているメッセージではないかと思ったからです。

その時の質問は

「林修先生が、賢い人と思った人は誰ですか?」

だったと思います。

そこで、林修先生が

「この人には勝てないなぁ」

と言われて紹介されたのが、

「尾原和啓(おばら かずひろ)」さんでした。

ホワイトボードに書いてくれました。

そして尾原さんの著書を紹介されました。

タイトルは

「どこでも誰とでも働ける」

林修先生は、こう評論されました。

「いろいろな本を読んできたけど、この本は名著の中の名著です!」

林先生の「名著の中の名著」は衝撃的でした!

早速帰りに本屋に行ったのですが、3店舗立ち寄っても品切れでした!!

ワオ!

でした。

後日ネットで注文して取り寄せ今読んでいます。

ドキドキします!

何か、胸がスーッとして、次が読みたくなる、

今の世界の流れが知りたくなります。

移り行く時代、考え方も変わっていきます。

うすうす感じていた疑問や不安も、解消され、逆に自信につながるような感じがします。

「あー、やっぱりその考え方でよかったんだ!」

そうそう紹介が遅くなりましたが、こういった表紙の本です。

どこでも誰とでも働ける

背表紙はコチラ。

尾原和啓

この本を紹介されたときに林修先生が話されたことで忘れられないのが、

「文句を言いながら今の仕事にしがみついているなら、やめたらいい」

ということでした。

この言葉に色々と考えてしまう方が多いのではないでしょうか?

皆様はいかがですか?

今回の講演会のメッセージとして、

「食は人格を作る」

というものもありましたが、

同時に、

「どこでも誰とでも働ける」力をつけて欲しい、

周りで応援される方も、その応援をしてあげて欲しい、と、あったと思います。

これからの時代を生き抜く、「どこでも誰とでも働ける」力をつけて欲しい!

このメッセージを最後に綴って講演会の記録をいったん終えたいと思います。

林修先生、

招待してくれたJA松任の関係者の方々、

本当に貴重な時間をありがとうございました。

感じ取ったことを胸に、

喜んでいただけるお米づくりを頑張っていきます!

同時に、読んで頂いた方にも元気になるきっかけになって頂ければなぁ~と思います。