今年もばんばではたくさんのつばめが巣立っていきました。

卵から雛が生まれてから約三週間がたちました。まだ、飛行もおぼつかず巣の近くの軒や電線などにとまっている姿がみられます。今年は3家族がほぼ同時に巣立ちとなり、保育園のように騒々しくじゃれあっています。そして巣を離れた雛鳥が自力で餌を捕れるようになるまでの期間は大体2週間程度なのだそうです。ということは、実質的に自立という意味での巣立ちはまだ先ということになります。

巣立ち。雛が親から餌を運んでもらっていた巣から離れて自力で生きていくことです。鳥に限らずに人間でも親元を離れ自力で生きていくことができるようになること、または、学校を卒業して社会に出ていくことを意味しますよね。うちは、まだまだ先の話ですが、いつかは娘たちが巣立っていくと思うと少し寂しいですね。とはいえ、巣立っていってもらわないといけないのですが(笑)。