᫣긚PG騚깝PG᫣눚.4.28-1.JPG 朝の天気だと、とても田植えのできるとは思えなかった。それでも、田植えをするという強い意志で、準備を進めた。
とにかく、新車の試運転を行いたかった。午前中に試運転を行い、午後からは慣らし運転。
 やっぱ、新車はよい。オペレーターは北野君に任せ、補助作業を。これも楽になった。技術の進歩はすばらしい。というか、お金さへかければ、楽になると言うことが改めてわかった。

 ということで、夢ごこちを移植。なぜ、夢ごこちから?それには訳があります。

 夢ごこちは、両親共にコシヒカリです。DNA鑑定では、方法によってはコシヒカリとでるくらい似ています。秋の収穫もコシヒカリと同じ時期になります。その刈り取り時期をずらすために、早めに植、早めに刈るようにしています。夢ごこちは、コシヒカリに比べて高温登熟でもおいしさは変わらないので、早めに作業を行う理由です。

 田植えと平行して、遅蒔きコシヒカリの催芽、種蒔きの準備も進めています。この時期が1年で一番忙しく、頭の中はパニック状態です。天気が予報通りあたれば、計画通りできるのですが・・・・。

 写真 右   大きく育った苗をトラックに積むところです。うちでは、2台の普通トラックで運びます。
 写真 中央  試運転です。農協の農機センターの方が、調子を見ながらの運転です。
 写真 左   慣れてきて、調子がでてきました。

 ★ むっちゃんは、時々ツイッターでつぶやいています。