騚22.4.JPG騚22.4.20.JPG驣눚.4.20.JPG 写真は左から、用水を堰き止めています。中は、支線から水を田に入れています。右は田んぼに入っていく様子です。
  今日から、田んぼに水を入れ始めました。当地では、水あてと言う作業です。
板をあてるために、水の中へ手を入れたら、水の冷たいこと、手が凍りそうでした。まだ、春ですね。雪解け水の冷たさに身も心も引き締まりました。お客様に喜ばれる米を作れ!と水が言っているようでした。

 まずは、最初田植えする夢ごこちの圃場から、入れ始めました。代掻きまで数日水を入れて、土になじませます。

 今年のように雨の多い年は早く水が行き渡ります。逆に晴天の多い年は、土が真っ白に乾いているため水が行き渡るのに時間がかかります。そのような年は、雨が降って欲しいと願います。
 これから、毎日、水あてと言う作業を、朝の早くから、行います。米作り本番です。

★むっちゃんはツイッターでつぶやいています。